S様ご夫妻

自然と、家との、対話を愉しむ。
豊かで穏やかな軽井沢ライフ。
S様 ご夫妻2013年お引き渡し

コミュニケーションから生まれた
理想の住まい

モデルハウスでの出会い ―

 白い外壁とシックな屋根の落ち着いた配色が、軽井沢の自然の中で程よい存在感を醸し出しているS様邸。澄んだ空気の中、やさしい陽射しを映し、瑞々しい緑に調和して、美しい佇まいを見せています。
 「このランタサルミを選んだのは、他のログハウスがみな建売のように感じられた中で、ただひとつ個人々々の思いに寄り添う注文住宅のように思えたこと。それにデザインの美しさと、木製窓の品質の高さ、さらに金具などの細部まで魅力的に感じられたこともポイントでした」そう話されるのはご主人様。設計に際しては、いくつかのご希望がありました。
 「モデルハウスで見た“レウト”という平屋のデザインが気に入っていましたので、同様のフォルムにしながら、中には2階も設けたいこと。また、1日の多くを過ごすリビングをできるだけ広くしたいこと。そのため階段をコンパクトにしたいことなどをお願いしました。担当の方はいつも丁寧に話を聞いてくださるので、次第にコミュニケーションが深まり、ディスカッションの数が自然と多くなって行きました」

思いが実った、満足のいく仕上がり ―

 そうして重ねた打ち合わせの時間は、有意義のものとなって形に表れます。
「ゲストハウスは、話の中から私たちの思いを汲み取って様々な意見やアイデアを出してくれました。例えば、軽井沢で知り合った方々を家に招きたいと伝えると、床のタイルまで、ゲストの目に優しい色合いで質感の良いものを薦めてくれました。また、絵画のコレクションが趣味だと話すと、それらの絵をバランス良く飾れるスペースが自然に作られていたり、ご提案で設けたドーマーも採光だけではなくデザインのいいアクセントになっていたり、最終的には、とても満足いく家に仕上がったと思っています」
 奥様も「草木の多い環境から家に入っても、とても自然な感じがする、リラックスできる家になりました。またキッチンの設計をお任せしたのですが、動線が良くて使いやすいですね。パントリーも作っていただいたので収納もたっぷりでき、とても機能的だと感じています」と、ご評価をくださいました。

モノトーンで統一された落ち着いた外観 広々と取られたリビング
ご夫妻のご希望で設けられた和室
階段は、和室の「階段箪笥」としてコンパクトに
デッキを望む明るいダイニング
パントリーの付いた機能的なキッチン

価値観が大きく変わった軽井沢での暮らし

 多忙だった金融の仕事を離れ、軽井沢で始まったS様ご夫妻のセカンドライフ。それは、東京での生活とは大きく異なるものでした。
「例えば、寒い冬に屋内の温度を保つ場合も、東京ではスイッチひとつで出来ますよね。それが今は、ストーブの薪の量を微妙に調整するなど、すごくマニュアルな作業をしています。慣れるとだんだん上手になってきて、それがまた嬉しいんですよ。とっても(笑)。スイッチポンとは真逆の世界も、けっこう豊かで楽しいんです」

 ご主人様はさらに、こうした暮らしの中で価値観が変わってきたと話されます。「東京にいた時には、仕事をして稼ぐということに捉われがちだったのですが、軽井沢は自然の力がすごいので、どうしてもそちらに目が行ってしまいます。すると、今まで気が付かなかったことがたくさん見えてきたのです。木を1本植えて、その木が大きくなって、花が咲くまでにすごく時間がかかるとか、私は全く知らなかった世界なんですね。こうした小さな変化がけっこう大事で、それを敏感に感じることが豊かなのだと思うようになりました。それほどお金をかけなくても、自然の小さな変化や営みを感じ取る生活が心を豊かにしてくれるという、そうした方向に価値観が大きく変わりました」

デザインのアクセントにもなったドーマー
自然の豊かさ、小さな変化に心を傾けて

例えるなら、ルールを持たないという美学

 今のご夫妻の生活は、まさにこうした価値観が表れたように、自然と、家と、対話するような毎日です。
 「日々、何をしようというようなルーティンは特に決めていません。朝起きると、その日によって庭をいじったり、掃除をしたり。新しいことも周りでいろいろ起きて、毎日ワクワクできるんですよ。こちらでの友人関係も、薪友、畑友、料理友など想像を超えて広がっていますし、ここに住んで7年目ですが、まだまだ飽きないですね」とご主人様。奥様も続けて「私も特に決め事などはしていません。家の前で迷い子になっていた猫を新しい家族に迎え入れて、日々の生活をゆっくり楽しんでいます」と笑顔で話されます。
 ご夫妻がランタサルミで選ばれた暮らしは、何かを成す・極めるというようなものではなく、軽井沢という地域と、自然と、穏やかに共棲するということ。それはさながら“ルールを持たないという美学”が息づいたような、心豊かな軽井沢ライフでした。

陽のそそぐデッキで、愛猫の「タイデちゃん」と